オーディオ製品の買取専門リサイクルショップ:オーディオマイハート

マイハートからのお知らせ - オーディオ製品の買取専門、オーディオ マイハートのお知らせブログです。

買取のお問い合わせは、お得で便利なフリーダイヤルで

0120-66-4830

受付時間:AM10:30〜PM8:00

受付24時間年中無休!

※お返事は営業時間内になります。

メールでお問い合せはこちら→

文字の大きさ

標準

2016年05月23日

ヤマハ、サブウーファー上位機「NS-SW1000」 のご紹介

今回は、ヤマハ、サブウーファー上位機「NS-SW1000」のご紹介です。ぴかぴか(新しい)

皆様は、ウーファーを使ったことがありますでしょうか?

ウーファーと聞くと、私はよく車好きの方達が搭載している、車載ウーファーを思い出します。

カーステレオの音の重低音部分を引き出すアイテムとして有名ですよね・・

コンポや通常のアンプでは、どうしても低音域が弱い場合があり、それを補うものとして使用されます。

こちらのヤマハ、サブウーファーは、一般のウーファーで再生しきれない超低音域を受け持つスピーカーです。

以前はスーパーウーファーなんて呼ばれてましたけど、現在では、サブウーファーの名称として定着しております。

今回は、6月上旬に発売する本製品をご紹介します。わーい(嬉しい顔)

こちらは、出力1,000Wの独自アンプを搭載搭載したサブウーファーになります。
ヤマハ、サブウーファー「NS-SW1000」


今回から、新色ピアノブラックを追加して、既発売の従来カラーである「木目調ブラック」とあわせて2色展開となります。

2Wayスピーカー「RSS-173」は、60mmトゥイーターと170mmスピーカーを搭載。再生周波数帯域は50Hz~35,000Hz、感度は90dB、インピーダンスは8Ω。外形寸法は257W x 420H x 330Dmm、質量は23kg。となります。
ヤマハ、サブウーファー「NS-SW1000」


上位シリーズ“Soavo”「NS-901」と組み合わせやすいように、外観をSoavoと同じピアノブラックにしたんですね。フロント部の仕上げ等は従来カラーと同じです。目

外観塗装以外の仕様は、従来のNS-SW1000と同じ。本機はホームシアターにもHi-Fiにも使用できるサブウーファーの上位機に位置づけられる製品で、出力1,000WのオリジナルクラスDアンプを搭載する。空気そのものを振動板として利用するヤマハの独自技術「A-YST(アドバンスド・ヤマハ・アクティブサーボ・テクノロジー)II」方式や、「ツイステッドフレアポート」などの技術・構造を採用しているそう。
ヤマハ、サブウーファー「NS-SW1000」


ウーファーユニットは口径30cm。パルプ+ケブラー混沙コーンを初採用したダブルダンパー構造とし、4層巻のロングトラベルボイスコイルを使用する。ダブルフェライトマグネットを採用しており、磁束密度を強化することによって駆動力を向上させた。アルミダイキャストを採用している。

電源部には「高効率ハイパワーアンプ設計」を投入し、大型ヒートシンクと一体構造のデジタルパワーアンプユニットを採用。質量10.2kgという大型のEIコア電源トランスと、ヤマハ製デジタルアンプドライブICを装備し、アナログ電源トランスでデジタル電源を駆動する仕様としております。

気になるお値段ですが、価格は22万円(税抜)だそうです。

ヤマハの上位シリーズですので、少々お値段も張りますが、おすすめの1台だと思います。ぴかぴか(新しい)

という事で、ウーファー、スピーカー、アクティブスピーカー、ステレオパワーアンプやコントロールアンプなどのオーデォオやアンプを買換たいとお考えの皆様。今お使いの各種アンプ・スピーカー製品をexclamation×2オーディオ製品の買取専門「オーディオマイハート」に、是非お売りくださいexclamation×2
特にTANNOY(タンノイ)、JBL(ジェイビーエル)、(HARMAN/ハーマン)などは、高額買取り致します。
スピーカー、ソリッド・真空管のプリ・パワー各種アンプの他、オーディオプレーヤー、デッキ、ターンテーブル、チューナー、システムコンポ、ヘッドフォンアンプなど、各種オーディオ製品を高価買取いたします

オーディオマイハートは、東京メトロ丸の内線東高円寺駅から歩いて3分、杉並区和田蚕糸(さんし)公園のすぐ近くに実店舗を構え、創業27年の歴史を持つ、地域に根ざした信頼と実績のお店です。

全国対応の着払いで送る「宅配買取」、出張料無料の地域限定「出張買取」、その場ですぐに買取できる「店頭買取」の3つの買取方法をご用意しております。

お見積もりも、もちろん無料ぴかぴか(新しい)

メールフォームから製品画像を添付できる「メール査定」、ケータイで製品を撮影してそのまま送る「ケータイ査定」、キーボードが苦手な方にオススメの「FAX査定」、とにかく早く!という方にオススメの「電話査定」とお客様のご都合でお選びいただける様、各種査定方法をご用意いたしました。

いつでも、お気軽にオーディオマイハートにお問い合せくださいexclamation×2
皆様からのお問い合せを、心よりお待ちいたしております。


------------------
オーディオ製品の買取専門「オーディオマイハート」
スピーカー:買取の基準と流れ
スピーカー:買取製品一覧


posted by オーディオ マイハート at 13:44 | 東京 ☀ | Comment(0) | スタッフ・ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月10日

LUXMAN(ラックスマン)小型USB-DAC「DA-150」のご紹介

連休も終わり、天気も今一歩というところですが、がんばっていきましょう!

それでは、早速、新製品紹介です。

今回は、6月下旬に発売する小型USB-DAC「DA-150」のご紹介です。ぴかぴか(新しい)

最近、USB-DACとよく耳にしますが、USB-DACとは、いったいどんなものかといいますと、

パソコンの音楽ファイルをいい音で楽しむために欠かせないアイテムのひとつというところでしょうか。

パソコンのヘッドホン出力やライン出力ではなく、USB出力からピュアなデジタル信号を取り出す。そのデジタル信号をアナログ信号に変えるものが、「USB-DAC」ということになります。

それでは、USB-DACを使用すると、どんなメリットがあるかというと、パソコンのノイズの影響を受けないので音質の劣化が少ないので、音質がよいのです。

パソコンからUSB-DACへつなぎ、USB-DACからスピーカーにつなぐだけで、より良い音質にて、音楽が楽しめます。

今回は、あのラックスマンの小型USB-DAC「DA-150」を紹介してみます。わーい(嬉しい顔)

LUXMAN(ラックスマン)小型USB-DAC「DA-150

USB入力は、最大192kHz/32bitのPCMデータと、DSDデータ (2.8MHz/5.6MHz) に対応。S/PDIF入力は、最大192kHz/24bitのPCM信号に対応する。USBのほかにも同軸1系統、光2系統のデジタル入力を備え、 CDプレーヤーやAV機器などともデジタル接続できるよう配慮しされております。グッド(上向き矢印)

DACチップには32bitデジタルフィルター内蔵のTI社製PCM1795を採用し、内部で352.8k/384kHz/32bitにアップコンバート。PCMとDSDのそれぞれに、2種類の音色を切り替えて楽しめるフィルター設定も用意し、PCMは32bitデジタルフィルター、DSDはアナログFIRフィルターを利用できるそうです。

加えて発振周波数付近のノイズを低減し、高精度・低ジッターのクロックを発生するという、低位相雑音クロックモジュールを44.1k/48kHz系列のそれぞれに独立搭載。また、USB入力はアシンクロナス転送により、S/PDIFは内蔵するDAIRの高精度クロックにより低ジッター化を図っている。
LUXMAN(ラックスマン)小型USB-DAC「DA-150

FLAC/ALAC/WAV/AIFFなど、さまざまなフォーマットに対応したオリジナルの高音質音楽再生ソフト「LUXMAN Audio Player」も用意しているそうですよ。パンチ

外形寸法182W×73H×277Dmm、質量3.3kg

コンパクト設計ですので、なにかとゴチャゴチャしがちな、PCデスク周の使用も手軽ですね。

お値段が気になるところですが、価格は98,000円(税抜)となるそうです。

ラックスマンの製品ですので、その音質にも期待が持てる1台となりそうですね わーい(嬉しい顔)

という事で、パワーアンプ、プリメインアンプ、AVアンプ、イコライザーアンプ、真空管プリアンプうをはじめ、その他AVアンプ、プリメインアンプ、USB-DAC、ポタアン、ステレオパワーアンプやコントロールアンプなどのオーデォオアンプを買換たいとお考えの皆様。今お使いの各種アンプ製品をexclamation×2オーディオ製品の買取専門「オーディオマイハート」に、是非お売りくださいexclamation×2
特にラックスマン(LUXMAN)、Phasemation(フェーズメーション)、アキュフェーズ(Accuphase)、QUAD(クオード)、MARK LEVINSON(マークレビンソン)、LINN(リン)、JBL(ジェイビーエル)、Marantz(マランツ)、DENON(デノン/デンオン)、ONKYO(オンキヨー)、PIONEER(パイオニア)などの製品は買取り強化中です。高額買取り致しますよ!
ソリッド・真空管のプリ・パワー各種アンプの他、ポータブルアンプ、スピーカー、オーディオプレーヤー、デッキ、ターンテーブル、チューナー、システムコンポ、ヘッドフォンアンプなど、各種オーディオ製品を高価買取いたします

オーディオマイハートは、東京メトロ丸の内線東高円寺駅から歩いて3分、杉並区和田蚕糸(さんし)公園のすぐ近くに実店舗を構え、創業27年の歴史を持つ、地域に根ざした信頼と実績のお店です。

全国対応の着払いで送る「宅配買取」、出張料無料の地域限定「出張買取」、その場ですぐに買取できる「店頭買取」の3つの買取方法をご用意しております。

お見積もりも、もちろん無料ぴかぴか(新しい)

メールフォームから製品画像を添付できる「メール査定」、ケータイで製品を撮影してそのまま送る「ケータイ査定」、キーボードが苦手な方にオススメの「FAX査定」、とにかく早く!という方にオススメの「電話査定」とお客様のご都合でお選びいただける様、各種査定方法をご用意いたしました。

いつでも、お気軽にオーディオマイハートにお問い合せくださいexclamation×2
皆様からのお問い合せを、心よりお待ちいたしております。


------------------
オーディオ製品の買取専門「オーディオマイハート」
アンプ:買取の基準と流れ
アンプ:買取製品一覧


posted by オーディオ マイハート at 15:21 | 東京 ☁ | Comment(0) | スタッフ・ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月03日

出張買取いたしました。ヤマハ ターンテーブル GT-750

20160503gt.jpg
杉並区のオーディオマイハートでは、ヤマハレコードプレイヤーGT-750・ヤマハターンテーブル
GT-1000・ヤマハレコードプレイヤーGT-2000・ヤマハターンテーブルーGT-2000l
ヤマハターンテーブルYP-1000などヤマハのターンテーブルを買取いたしております。
店頭買取・地域限定無料出張買取・全国送料無料宅配買取。
ヤマハターンテーブル買取なら杉並区のオーディオマイハートへこちら!から
お気軽にお問合せください。
posted by オーディオ マイハート at 20:18 | 東京 ☀ | Comment(0) | 買取最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
<< 2016年05月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
audio_myheartをフォローしましょう
カテゴリ
関連リンク
最近の記事
過去ログ
検索
 
タグクラウド
最近のコメント

携帯から手軽に査定依頼!!

オーディオマイハート・モバイル

アドレスをメールで送信→