オーディオ製品の買取専門リサイクルショップ:オーディオマイハート

マイハートからのお知らせ - オーディオ製品の買取専門、オーディオ マイハートのお知らせブログです。

買取のお問い合わせは、お得で便利なフリーダイヤルで

0120-66-4830

受付時間:AM10:30〜PM8:00

受付24時間年中無休!

※お返事は営業時間内になります。

メールでお問い合せはこちら→

文字の大きさ

標準

2016年07月19日

今秋発売予定のオンキヨーイヤホン「E900M」「W800BT」2機種ご紹介!

ポータブルオーディオの大規模イベント「ポタフェス2016 in 東京・秋葉原」が、東京・秋葉原のベルサール秋葉原で開催されておりますね。わーい(嬉しい顔)

オーディオ好きな方なら、既に足を運ばれていると思いますが、そんな中、本イベントに出展するオンキヨーから、「E900M」「W800BT」2機種のイヤホンが発表されております。

特に今回の目玉は、完全コードレス型Bluetoothイヤホン「W800BT」だと思います。グッド(上向き矢印)

完全コードレス型と言いますと、言葉の通り左右が完全に独立しており、コードがまったくないワイヤレスイヤホンのこと。

既に発売されているEarinやAria Oneなんかが有名ですよね。

今までのワイヤレスイヤホンだと、どうしても、左右を繋ぐコードが存在するので、自由度を損なっておりました。

しかし、こちらのオンキヨーイヤホンは、左右独立型の完全コードレスなので、あのコードが頬に当たる不快感や、絡まったりする煩わしさから完全に開放されます。手(チョキ)

この手のイヤホンで、既に発売されているEarinが高い評価を受けておりますが、こちらのオンキョー「W800BT」は後発なので、優れている点も多いのではと思います。

それでは、早速ご紹介致します。ぴかぴか(新しい)

完全コードレス型Bluetoothイヤホン「W800BT」
オンキヨー、完全コードレス型Bluetoothイヤホン「W800BT」


イヤホンの左右筐体が完全に独立したコードレス型のBluetoothイヤホン「W800BT」。ケーブルがないイヤホン本体と、充電用のキャリングケースが付属します。

イヤホン部の仕様としては、内部に8.6mm口径のダイナミックドライバーを搭載する密閉型。再生周波数特性は6Hz〜22kHzで、インピーダンスは16Ω。

Bluetooth規格はver.4.1に準拠しており、コーデックはSBCに対応する。約3時間の連続再生が行える。対応端末とはRch側を表面をプッシュすることでペアリング操作が可能。そのほか、Rchの本体内にマイクも搭載しており、ハンズフリー通話も行えるそうです。グッド(上向き矢印)
オンキヨー、完全コードレス型Bluetoothイヤホン「W800BT」


オンキヨー、完全コードレス型Bluetoothイヤホン「W800BT」


円形デザインの充電用キャリングケースは、USB経由で蓄電を行うタイプで、イヤホン本体に最大約5回の充電が行えるとのこと。蓄電機能を使わないときは、USBケーブルをケースの外側に巻き付けて収納できるそうです。

約3時間の連続再生時間と充電用キャリングケースで最大約5回の充電が行えるそうなので、一般使いは問題なさそうですね。わーい(嬉しい顔)

お次は、オンキヨー初のハイブリッド型ハイレゾイヤホン「E900M」ぴかぴか(新しい)

1機種目は、オンキヨー初となるハイブリッド型のイヤホン「E900M」。低域に6mm口径のダイナミックドライバーを1基、中域と高域にそれぞれBAドライバーを1基ずつ搭載する3ウェイ・3ドライバー構成を採用しております。
オンキヨー初のハイブリッド型ハイレゾイヤホン「E900M」


同社のベストセラー機種「E700M」の美点を継承するというコンセプトで開発されたとのことで、再生周波数特性は5Hz〜40kHzをカバーする“ハイレゾ仕様”だ。インピーダンスは16Ωとなる。

ケーブル部は長さ1.3mで、バランス接続に対応。耳かけ式を採用している。リケーブルにも対応しており、端子はMMCXを採用する。
オンキヨー初のハイブリッド型ハイレゾイヤホン「E900M」



オンキヨー初のハイブリッド型ハイレゾイヤホン「E900M」


そのほか、製品にはシリコンイヤーチップが3サイズとコンプライ製フォームチップが3種類、キャリングポーチ等が同梱される予定だそうです。

共に価格は未定、2016年秋頃、発売が予定されております。発売が待ち遠しいですね。わーい(嬉しい顔)

という事で、イヤホン、ヘッドホンアンプ、ポータブルヘッドホンアンプ、AVアンプ、プリメインアンプ、イコライザーアンプ、真空管プリアンプうをはじめ、その他AVアンプ、プリメインアンプ、USB-DAC、ポタアン、ステレオパワーアンプやコントロールアンプなどのオーデォオアンプを買換たいとお考えの皆様。今お使いの各種アンプ製品をexclamation×2オーディオ製品の買取専門「オーディオマイハート」に、是非お売りくださいexclamation×2
特にラックスマン(LUXMAN)、Phasemation(フェーズメーション)、アキュフェーズ(Accuphase)、QUAD(クオード)、MARK LEVINSON(マークレビンソン)、LINN(リン)、JBL(ジェイビーエル)、Marantz(マランツ)、DENON(デノン/デンオン)、ONKYO(オンキヨー)、PIONEER(パイオニア)などの製品は買取り強化中です。高額買取り致しますよ!
ソリッド・真空管のプリ・パワー各種アンプの他、ポータブルアンプ、スピーカー、オーディオプレーヤー、デッキ、ターンテーブル、チューナー、システムコンポ、ヘッドフォンアンプなど、各種オーディオ製品を高価買取いたします

オーディオマイハートは、東京メトロ丸の内線東高円寺駅から歩いて3分、杉並区和田蚕糸(さんし)公園のすぐ近くに実店舗を構え、創業27年の歴史を持つ、地域に根ざした信頼と実績のお店です。

全国対応の着払いで送る「宅配買取」、出張料無料の地域限定「出張買取」、その場ですぐに買取できる「店頭買取」の3つの買取方法をご用意しております。

お見積もりも、もちろん無料ぴかぴか(新しい)

メールフォームから製品画像を添付できる「メール査定」、ケータイで製品を撮影してそのまま送る「ケータイ査定」、キーボードが苦手な方にオススメの「FAX査定」、とにかく早く!という方にオススメの「電話査定」とお客様のご都合でお選びいただける様、各種査定方法をご用意いたしました。

いつでも、お気軽にオーディオマイハートにお問い合せくださいexclamation×2
皆様からのお問い合せを、心よりお待ちいたしております。


------------------
オーディオ製品の買取専門「オーディオマイハート」
オーディオアクセサリー:買取の基準と流れ
オーディオアクセサリー:買取製品一覧
posted by オーディオ マイハート at 16:29 | 東京 ☀ | Comment(0) | スタッフ・ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月08日

スペンドール、最上位フロア型スピーカー SP200のご紹介

今回は、以前から評価の高い、スペンドールClassicシリーズより、シリーズ最上位モデル「SP200」のご紹介をさせていただきます。ぴかぴか(新しい)

お好みのオーディオを揃える場合、もちろんアンプ系も大事ですが、やはり、肝になるのがスピーカーですよね。わーい(嬉しい顔)

スピーカーの質が悪いと、全てが台無しになってしまいますから、是非、よいものを選びたいものです。

スピーカー選びは、好みが分かれるところでありますから一概には言えませんが、Spendorは、いかがでしょうか?

Spendor"スペンドール"といえば、イギリス伝統のスピーカーメーカーです。古くは、名器BCUがありましたよね。

その定評のある音質は、古くから現在まで、人気の高いオーディオブランドであります。

それでは、早速ご紹介します。

スペンドール、最上位フロア型スピーカー SP200


こちらは、シリーズ最上位モデルのフロアスタンディング型3ウェイ4スピーカー。密閉型エンクロージャーを採用しており、バスレフポートが無いため遅延の少ない低域再生を実現するという。また、設置場所との干渉の最小化も図っております。

ユニットは、22mm広帯域ソフトドームトゥイーター、18cmEP77ポリマーコーンミッドレンジと、ベクストレンコーンを採用した30cmウーファーを2基搭載。

ミッドレンジユニットは新開発のもので、マグネシウム合金ダイキャストフレームを採用。駆動の効率を高め、ダンピングを最適化。さらに優れた放熱特性を実現するという。ウーファーはケブラー複合材のスタビライザードームを接合したことにより、大パワー入力に対応する。手(チョキ)

また、精密に巻かれたコイルとリニアリティーに優れるというフィルムコンデンサーを使用したクロスオーバーネットワークを搭載。クロスオーバー周波数は550Hz/3.8kHzとなる。

スピーカーベースには、エンクロージャーを鍛造鉄の支柱を介して支え、水平調整可能な4本のスパイクが装備される。

入力端子はバナナプラグ対応。ウーファー、ミッドレンジ、トゥイーターそれぞれ独立して装備され、金メッキ処理が施される。

再生周波数帯域は20Hz〜25kHz、インピーダンスは8Ω、最大入力は300W。出力音圧レベルは89dB。外形寸法は370W×1,085H×515Dmm(スパイク、端子除く)、質量は55kg。

気になるお値段ですが、価格は2,400,000円(ペア/税抜)

スペンドールは、少々高額ではありますが、よいものは、お値段高い・・・ということですね。ぴかぴか(新しい)

という事で、スピーカー、アクティブスピーカー、ステレオパワーアンプやコントロールアンプなどのオーデォオやアンプを買換たいとお考えの皆様。今お使いの各種アンプ・スピーカー製品をexclamation×2オーディオ製品の買取専門「オーディオマイハート」に、是非お売りくださいexclamation×2
特にTANNOY(タンノイ)、JBL(ジェイビーエル)、(HARMAN/ハーマン)などは、高額買取り致します。
スピーカー、ソリッド・真空管のプリ・パワー各種アンプの他、オーディオプレーヤー、デッキ、ターンテーブル、チューナー、システムコンポ、ヘッドフォンアンプなど、各種オーディオ製品を高価買取いたします

オーディオマイハートは、東京メトロ丸の内線東高円寺駅から歩いて3分、杉並区和田蚕糸(さんし)公園のすぐ近くに実店舗を構え、創業27年の歴史を持つ、地域に根ざした信頼と実績のお店です。

全国対応の着払いで送る「宅配買取」、出張料無料の地域限定「出張買取」、その場ですぐに買取できる「店頭買取」の3つの買取方法をご用意しております。

お見積もりも、もちろん無料ぴかぴか(新しい)

メールフォームから製品画像を添付できる「メール査定」、ケータイで製品を撮影してそのまま送る「ケータイ査定」、キーボードが苦手な方にオススメの「FAX査定」、とにかく早く!という方にオススメの「電話査定」とお客様のご都合でお選びいただける様、各種査定方法をご用意いたしました。

いつでも、お気軽にオーディオマイハートにお問い合せくださいexclamation×2
皆様からのお問い合せを、心よりお待ちいたしております。


------------------
オーディオ製品の買取専門「オーディオマイハート」
スピーカー:買取の基準と流れ
スピーカー:買取製品一覧
posted by オーディオ マイハート at 10:56 | 東京 ☁ | Comment(0) | スタッフ・ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月02日

出張買取いたしました。ラックスマン FM/AMチューナーLUXMAN T-40X

杉並区のオーディオマイハートでは、ラックスマンのプリアンプ・パワーアンプ・チューナー
プリメインアンプ・フォノアンプ・レコードプレイヤー・CDプレイヤー・カセットデッキ
ターンテーブルなどLUXMAN/LUXKITのオーディオ製品を高価買取いたしております。
店頭買取・地域限定無料出張買取・全国送料無料宅配買取。
ラックスマンの買取なら杉並区のオーディオマイハートへこちら!から
お気軽にお問合せください。

20151004t40x.jpg
posted by オーディオ マイハート at 19:46 | 東京 ☀ | Comment(0) | 買取最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
<< 2016年07月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
audio_myheartをフォローしましょう
カテゴリ
関連リンク
最近の記事
過去ログ
検索
 
タグクラウド
最近のコメント

携帯から手軽に査定依頼!!

オーディオマイハート・モバイル

アドレスをメールで送信→